大阪適正使用研究会開催予定日
 第200回 平成29年12月15日(金) 『超高齢化社会における薬剤師の職責
   〜病院薬剤師、保険薬剤師に向けて〜』 
第201回 平成30年1月23日(火)   『最新のIBD治療戦略』
第202回 平成30年2月20日(火)  『仮)慢性腎臓病(CKD)に関する最新の知見』

 第199回 平成29年11月7日(火)   『患者・医療者間のコミュニケーション
   −より良い医療者-患者関係を築くために−』
第198回 平成29年10月3日(火)    『骨粗鬆症の病態と治療に関する最近の知見
  〜続発性骨粗鬆症を中心に〜』
 第197回 平成29年9月5日(火)    『ストレスと漢方 〜5つの方剤の使い分け〜』
 第195回 平成29年7月5日(水)   『(仮)気管支喘息の薬物治療
 〜堺市立総合医療センターにおける医療ネットワークについて〜』
第194回 平成29年6月20日(火)   『脂質異常症の最新知見について(仮)』
 第193回 平成29年5月9日(火)    『SGLT2阻害薬の服用時の注意点』
第192回 平成29年4月19日(水)    『透析患者の血管石灰化とCKD-MBD治療』
第191回 平成29年3月14日(火)    『仮 最近のてんかん治療』
 第190回 平成29年2月15日(水)  『感染症治療薬の適正使用について
      〜細菌感染から真菌感染まで〜』
 第189回 平成29年1月17日(火)  『潰瘍性大腸炎の診断と治療について(仮)』
第188回  平成28年12月13日(火)  『医療の質にかかわる薬剤師の役割』
第187回  平成28年11月16日(水)    『糖尿病治療薬の多様化した時代における
          注射薬の位置づけと薬剤師の役割』
第186回 平成28年10月25日(火)    『C型慢性肝炎治療薬を安全に使うためには
  -real world experienceにおける安全性とDDIを中心に』
第185回  平成28年9月28日(水)    『最新の集学的胃がん治療について』
第184回  平成28年9月6日(火)    『気血の動きから処方が見える』
第183回  平成28年7月12日(火)   『変形性膝関節症の病態から治療
   〜膝疾患患者2000万人時代の治療戦略〜
第182回  平成28年6月15日(水)   『脂質異常症の病態と治療
            〜残された課題〜』
第181回 平成28年5月25日(水)   『(仮)緩和ケアにおける栄養管理について』
第180回 平成28年5月10日(火)    『平成28年度 診療報酬・調剤報酬改定内容の確認
           〜薬剤関連部分を中心に〜』
第179回  平成28年4月27日(水)    『胃癌化学療法のマネジメント
     〜オキサリプラチン承認を受けて〜』
第178回  平成28年3月8日(火)   『(仮)最新の胃がん治療について』
第177回 平成28年2月17日(水)    『(仮)高齢者糖尿病治療について』
第176回 平成28年1月19日(火)   『(仮)慢性疼痛治療が難しい本当の理由』
第175回  平成27年12月9日(水)   『(仮)糖尿病診療の最近の話題』
第174回 平成27年11月18日(水)    『外来がん患者を支える薬学的ケアの実践
      〜「薬剤師外来」を基点とした取り組み〜』
第173回  平成27年10月6日(火)   『(仮)アズマネットワークにおける吸入指導について』 
『(仮)病薬薬連携における当院の取り組みについて』
第172回   平成27年9月16日(水)   『漢方治療の基本の「き」』
第171回 平成27年8月18日(火)    『PCIと抗血小板療法 Up to date 』
第170回 平成27年7月15日(水)   『一般内科医としての治療の実際および
            産業保健現場での取り組みの実例』
第169回 平成27年6月17日(水)    『安全で適正な静脈栄養法』
第168回  平成27年6月3日(水)    『去勢抵抗性前立腺癌に対する薬物治療でのマネジメント』
第167回  平成27年5月12日(火)    『P-CABボノプラザンへの期待と最近のトピックス』
第166回  平成27年4月14日(火)    『脂質異常症への取り組み
        〜n-3脂肪酸への位置づけ〜』
 第165回 平成27年3月18日(水)   『なるほど理解“なぜその経口糖尿病薬なのか?”
     〜服薬指導スキルアップのために〜』
第164回 平成27年3月3日(火)   『COPDにおける包括治療』 
第163回  平成27年2月17日(火)   『精神神経疾患の治療と進歩(仮)』
第162回 平成27年1月20日(火) 『スギ花粉症のアレルゲン免疫療法(仮)』
 第161回 平成26年 12月10日(水) 『多様化する糖尿病治療;
薬剤師として知っておきたい各種薬剤の
ポジショニングと注射薬の位置づけ』
 第160回  平成26年11月25日(火) 『自然な眠りを誘う睡眠薬ロゼレムはどうやって生まれたか?
  〜舞台裏で繰り広げられた創薬のドラマ〜』(仮)
 第159回  平成26年11月11日(火)  『(仮)吸入剤の役割と使い分けのポイント』
第158回  平成26年10月29日(水)  『不眠症〜なぜケアしなければならないか?〜』
第157回 平成26年10月14日(火)   『新規経口2剤併用療法の今後の治療展望』
第156回 平成26年9月17日(水)   『がん治療における漢方の役割とその実際
            〜古くて新しい漢方治療〜』
 第155回 平成26年9月2日(火)   『認知症に診療で使用される薬、注意すべき薬』
 第154回 平成26年8月19日(火)   『薬剤師が知っておきたい慢性腎臓病の最新治療
       〜糖尿病の重要ポイントをおさえる』
 第153回 平成26年7月28日(月)  『乳がん薬物療法の変遷と今後の展望』
 第152回 平成26年7月8日(火)   『糖尿病治療薬最前線
  〜SGLT2阻害薬をどう使うか〜』
 第151回 平成26年6月26日(木)    『平成26年度診療報酬改定のQ&A
           〜次回改定への準備〜』
 第150回 平成26年6月10日(火)   『抗血小板療法の重大な合併症
          −頭蓋内出血について−』
 第149回 平成26年5月30日(金)  『一歩進んだ がん化学療法の
         副作用対策とサバイバーシップ』
 第148回 平成26年5月14日(水)   『心原性脳塞栓症の脳外科的アプローチ』
 第147回 平成26年4月23日(水)   『(仮)2型糖尿病の治療戦略と薬剤適正使用』
 第146回 平成26年4月9日(水)   『医療制度改革で求められる今後の薬剤師像とは』
 第145回 平成26年3月12日(水)   『より良い喘息治療の実現を目指して』
 第144回 平成26年2月19日(水)   『関節リウマチ治療における薬物治療の変遷』
 第143回 平成26年1月16日(火)   『病院薬剤師の責務と今後の展開』
第142回 平成25年12月11日(水)   『新しいC型肝炎治療の幕あけ 〜過去から未来へ〜』
 第141回 平成25年11月19日(火)    『手外科専門医から見た手の怪我・病気
               −最近の治療コンセプト−』
 第140回 平成25年10月23日(水)    『糖尿病性腎症・CKDを意識した糖尿病経口薬治療のポイント
   〜その処方に込められた想いを読み解くために〜』
 第139回 平成25年10月9日(水)   『生活習慣病治療と認知症 〜今後の治療の課題』
 第138回 平成25年9月18日(水)  『ここまできたリウマチ治療
       〜痛みを抑える治療から治す治療へ〜』
第137回 平成25年9月3日(火)   『骨粗鬆症治療薬に関する最新の話題』
 第136回 平成25年8月6日(火)  『心房細動と経口抗凝固薬について』
 第135回 平成25年7月17日(水)  『感染症治療の最新知見 〜各種ガイドラインを交えて〜』
 第134回 平成25年7月3日(水)   『前立腺がんのすべて −疫学、診断から治療まで−』
第133回  平成25年6月19日(水)   『産婦人科における漢方治療
    〜産婦人科治療ガイドラインより〜』
 第132回 平成25年6月4日(火)  『非がん性慢性痛に対する薬物治療』
第131回  平成25年5月21日(火)    『睡眠障害の診断と治療(仮題)』
第130回  平成25年5月9日(木)    『より精度の高い治療が求められる骨粗鬆症 
    〜その薬、正しく飲めていますか〜』
 第129回 平成25年4月23日(火)   講演1: 『日常診療における糖尿病治療』
講演2: 『心腎関連を考慮した高血圧治療』
第128回  平成25年4月3日(水)    『日中の眠気と睡眠障害について』
第127回  平成25年3月19日(火)    『がん性・非がん性の痛みに対する薬物療法の新展開
 〜医療用麻薬・非麻薬扱いのオピオイド鎮痛薬の適正使用のポイント』
 第126回 平成25年2月19日(火)   『糖尿病治療UPDATE
        〜脂肪酸の質が与える影響〜』
第125回  平成25年1月22日(火)    『高齢者だけでなく、皆にやさしい剤型とは?』
 第124回  平成24年12月11日(火)  『抗菌薬適正使用における薬剤師の役割
           〜PK-PDを中心として〜』
 第123回 平成24年11月14日(水)   『感染制御における薬剤師の役割』
 第122回  平成24年10月23日(火)   『緩和医療における薬剤師の役割』
 第121回 平成24年9月18日(火)   『抗凝固療法における薬剤師の役割
              −諸刃の剣の使い方−』
第120回 平成24年8月21日(火)   『がん薬物療法の理論と実践
   〜薬学的視点に基づく臨床アプローチに向けて〜』
 第119回 平成24年7月18日(水)    『肺癌の最新薬物療法について
   〜薬剤師さんの先生方に知っておいて欲しいこと〜』
 第118回 平成24年6月19日(火)   『がん薬物療法における薬剤師の役割
  〜有効性及び安全性の向上を目指した業務の新展開〜』
 第117回 平成24年5月15日(火)   『認定・専門薬剤師制度の現状と今後
    〜病院薬剤師の業務拡大を目指して〜』
 第116回 平成24年4月25日(水)  『ここまでわかった平成24年度診療報酬改定
     〜薬剤師の役割 告示・通知・疑義解釈から〜』
第115回 平成24年3月14日(水) 『医療制度改革で求められる今後の病院薬剤師像とは?
  〜診療報酬・介護報酬同時改訂が意味するもの〜』
 第114回 平成24年2月28日(火)   『糖尿病治療 現在・過去・未来
     〜インスリンは要らなくなるのか〜』
 第113回 平成24年1月26日(木)   『麻薬及び向精神薬の適正な取扱について』
 第112回  平成23年12月8日(木)  『身近に潜む不眠症の実際
  〜不眠症と生活習慣病の関係について〜』
第111回   平成23年11月17日(木)  『ロタウイルス感染症を含む
     小児感染症とロタウイルスワクチンについて』
 第110回  平成23年10月13日(木)  『高尿酸血症・痛風の病態と治療
         〜高尿酸血症・痛風のガイドラインと最新の知見』
 第109回 平成23年9月2日(金)  『NSTによる栄養管理の実践
    −NST薬剤師の目指すところは− 』
第108回 平成23年8月4日(木)  『最新の胃がん治療
      〜ここまできた胃がん治療法〜 』
第107回 平成23年7月14日(木) ・アクアポリンは漢方の利水作用を考える鍵?
熊本大学大学院生命科学研究部薬物活性学分野
准教授 礒濱洋一郎先生
第106回 平成23年6月22日(水) ・日常治療における認知症薬物療法の新たな選択肢
   −メマンチンへの期待−
香川大学医学部  精神神経医学講座 教授 中村祐先生
第105回 平成23年6月1日(水) ・関節リウマチ治療におけるメトトレキサートの位置づけ
近畿大学医学部付属病院 講師 野中藤吾先生
第104回 平成23年5月13日(金) ・CKD患者への薬物適正使用
   〜薬剤師のやるべきこと、今、やらなくてはならないこと〜
熊本大学薬剤部付属育薬フロンティアセンター長・
臨床薬理学分野 教授 平田純生先生
第103回 平成23年4月21日(木) ・緑内障の基礎知識と薬物治療の考え方
福島アイクリニック 副院長 狩野廉先生
第102回 平成23年3月15日(火) ・喘息治療の新たな潮流
   〜患者さんが健やかな日常生活を取り戻す為に〜
アストラゼネカ製薬株式会社 プライマリーケア事業本部
呼吸器領域専任 中山伊織先生
第101回 平成23年2月22日(火) ・食塩摂取と薬物療法−日本人に合った降圧治療のあり方
国立循環器病研究センター 高血圧・腎臓科 医長 堀尾武史先生

          ■ 第1回〜第100回までの演題記録 ■

Top